37坪5ldk長方形の間取りの家相診断

今回の家相診断は37坪5ldkの間取りです。

間取りは長方形の総二階で屋根の形状も複雑になりにくく
構造的にも無理のないぐらいの間口です。

家相的に張りや欠けもなく
家の形としては問題がないです。

玄関の方位が鬼門の北東に近い方角なので
出来れば南玄関か南東の方位に移動して
和室を東か北東に移動したいところです。

南玄関にすると和室がリビングに接する
オープンなプランニングが損なわれてしまうのですが
北東に和室を移動すると南の窓がなくなるという
デメリットも生じてしまいます。

家相にこだわるあまりに日当たりの良い部屋を
なくしてしまう可能性があるので
日当たりを取るかリビングとのつながりを取るかの選択になります。

1階のトイレは玄関を移動する時に一緒に
鬼門の北東から南東に移動したいところです。

二階のトイレも鬼門の北東に位置するので
北西の物入れと入れ替えすることで鬼門から外すことができます。

35坪4LDK北玄関の家相診断

今回の家相診断は35坪4LDKの北玄関の間取りです。

玄関の位置は鬼門の北東を外して北西に配置されています。
玄関の方位としてはベストな位置です。

欲を言えば北西に欠けができているので
玄関付近の土間や玄関を少し大きくして、
欠けのない間取りに修正します。

トイレ玄関が北に移動できれば、
北西に移動できるのでダイニングキッチンから
遠ざけることが可能になります。

二階のプランの北側の欠けた部分も
ウォークインクロゼットを北に移動することで
欠けのない間取に修正していきます。

トイレの位置も可能であれば
北西側に移動しておきます。

不可能であればトイレはそのままにします。

トイレは北東の鬼門や南西の裏気温に
配置されているわけではないのと
下の階が洗面脱衣室なので移動するほど悪くはないでしょう。

家相診断、アイランドキッチンの間取り

今回の家相診断は37坪4LDKのアイランドキッチンの間取りです。
敷地は南道路で玄関は南東に配置されています。

裏鬼門の南西を避けた配置の間取りになるので
玄関の位置としては良好
袖壁もあって欠けにはなっていないのですが
気になるようだったら玄関土間を拡大してもよいでしょう。

トイレは北東の鬼門には入っていませんが
ダイニングキッチンと水回りの位置を東西入れ替えて
トイレを北西に配置替えしてもよいでしょう。

玄関方向にトイレだけ移動して
南東のトイレにするということもできます。

全体的に長方形で張り欠けもなく
構造的には安定した形状になっています。

二階のトイレもできれば北西に移動したいところですが
そこまで配置換えすると二階のプランができなくなるので

鬼門の北東や裏鬼門の南西にトイレがないから
それで良しにする割り切り方も大事です。

家相 間取り 欠け

今回の家相診断は33坪4LDKの二階建ての間取り
北道路の北西玄関の間取りです。

北西玄関ということで、
北東の鬼門を避けた位置に玄関が配置されているので
方位的にはこの場所がベストで変える必要はないでしょう。

玄関部分がすこしへこんでいて欠けになっているので
袖壁を作るか玄関土間を増やすかして
正方形の間取りになるように修正します。

もう一つ気になるトイレの方角ですが
最悪の位置とは言えませんが玄関わきのほうがベスト
和室畳に変更するなどすれば
玄関のよきに移動することが可能です。

それか玄関も大きくしたことですし
北西の廊下の一部に移動してあげることで
北東の鬼門を避ける位置になるのでベストでしょう。

方位的に良い位置に玄関もトイレもとなると
場所の取り合いになってしまいます。

現実問題として同じ方位に洗面とバスを配置することは
スペース的にほぼ不可能なので
トイレと玄関の位置だけ家相を考慮するくらいで
割り切っていくことも必要でしょう。

35坪4LDKローコスト住宅の家相診断

今回の家相診断は35坪4LDK南道路の間取りです。

南道路の場合良い方位というのは南東になるので
南か南東のの玄関でよい間取りです。

1階のトイレは鬼門の北東にかかっています。
解決策としては南東か北西に移動してあげることで
メンタルの面で問題が解決できるでしょう。

2階のトイレも鬼門の北東にあるので
他のところに引越し指定と思いました。

北西まで移動できないときは北西に移動してみるのもありです。

玄関付近がでっぱりがありますが、
これは南東の良い方角にあります。

トイレの問題さえ解決すればよい間取りで
ローコスト住宅にもなるでしょう。

トイレは窓のない真ん中に置くと
匂いは換気扇に頼ることになるので
移動するときも窓のある位置へ移動したいところ

マンションでは気になりませんが
戸建て住宅の場合窓のとれる位置にトイレを作るのが
一般的には良いですが二階のトイレは
窓なしの間取りも多く見られます。

37坪5LDKの間取りの無料家相診断

今回の家相診断は37坪5LDKの二階建ての間取りです。
北道路の想定で北西に玄関があります。

北東の鬼門に対して玄関は外れているものの
欠けている部分があるので正方形に間取りを修正

1階のトイレは北東の鬼門にはないですが
北西に移動してできるだけ真北ではない場所にしましょう。

洗面脱衣室と浴室は北東の鬼門にありますが
これを南にもっていったり他の位置に移動しても
間取りが良くはならないので
今回は玄関とトイレだけは鬼門や裏鬼門を外しましょう。

2階のトイレも北東の鬼門にかかってはないですが
北西に移動してできるだけ真北ではない場所にしましょう。

家の形を正方形や長方形にすることで
屋根形状を単純化して雨漏りのリスクを下げることができます。

また、欠けをなくすることで入り隅がなくなるので
雨風の吹き溜まりができず壁からの漏水のリスクも下げられます。

欠けをなくすることで構造的にもバランスが良くなり
耐震的にも強い家を作ることができます。

家相診断ドットコムでは家相診断を無料でおこなっています。

35坪リビング階段の間取りの家相診断

今回の家相診断は35坪4LDKの間取りです。
南道路で南玄関の間取りです。

玄関は南東で南西の裏鬼門を外しているのと
欠けではなく張りになっているので問題なし。

トイレの位置は北西の位置に配置
北東の鬼門を外しているので良いでしょう。

洗面脱衣室やお風呂キッチンは北東の鬼門にあります。
今回はトイレと玄関がクリアすればよいと
判断基準を決めてみました。

その場合は問題ないと考えることができるでしょう。

自分で家相診断するときもこのように
基準を設けていかないと間取りが不可能になってしまうので注意。

二階のトイレは北東の裏鬼門なので
他の位置にするかなくしてしまうことで対処します。

寝室の前に専用のバルコニーがありますが
雨漏りを気にすると屋根形状が複雑になるので
屋根をかけて天窓をつけるという手もあります。

34坪4LDK中庭のある間取りの家相診断

今回の家相診断は34坪4LDKの中庭のある間取りです。

玄関は裏鬼門の南西を外した南東へ配置
1階のトイレは鬼門の北東を外して北西に配置

ユニットバスも鬼門の北東を外して北西に配置

2階のトイレは鬼門の北東ではないものの
良い方角にはないのです。

リビングに光を入れるための中庭
これは欠けになります。

日当たりを重視した間取りなので
プラン的に、設計のレベルも高く
間取りも魅力的なものになっています。

それでも家相を気にしたい場合は
中庭をなくして安定した構造体にするために
和室をリビングに隣接させて
南の光を入れていく方法になるでしょう。

このプランで進めたい場合の解決方法は構造計算です。
細長く中庭があることで正方形よりはバランスが悪い。

構造計算債しっかりしていれば問題ない間取です。
屋根の形状も複雑になるので雨漏りのリスクもあるので注意

良く設計師のアドバイスを聞きましょう。

家相 正中線

風水や家相を気にして間取りをする場合でも
あらゆる書籍に整合した間取りを作るのはほぼ不可能

どこまで間取りを家相に準じるかというのは
最終的には建て主の判断になります。

参考の間取りでは玄関が北西で鬼門の北東を外した位置にあります。
トイレは鬼門を外しているものの真北にあり
家相の本によっては正中に当たるので避けたいと書かれているものもあります。

正中線というのは東西南北にまっすぐにひかれた十字の線です。

それを避けたい場合は階段とトイレをい配置換えして
プランを修正する必要が生じます。

鬼門から洗面バスを外そうとするには
間取りに大きな不都合を生じます。

この場合玄関とトイレぐらいは家相に準じるという
判断を建て主のほうで決めないといけません。

間取り自体が成り立たないかおかしな間取り
使いにくい間取りになってしまうからです。

家相を気にしながら使える間取りに落ち着けるのは
自分で線引きして判断する必要があります。

33坪4LDK、北玄関の家相診断

今回の家相診断は33坪4LDKの二階建ての間取りです。

玄関は北西の位置にあり北東の鬼門を避けているので
方位的には良い位置になっています。

欠けている状態になっているので
袖壁をつけて安定した形にするか
玄関を拡大、上の階も部屋にして拡大して
長方形の間取りにするのもよいでしょう。

トイレの位置も1階2階ともに鬼門の北東や
裏鬼門の南西を避けた位置にあるので問題はないです。

階段下のトイレが気になるようであれば
和室を小さくしてトイレを移動します。

2階のトイレも移動すると北西の方位になります。

ベランダ部分は広いほうが使い勝手が良いので
袖壁をつけてそのままのひろさにして
屋根だけシンプルになるようにするか
2階も欠けのないように部屋を大きくしておく方法もあります。

洗濯機やシンクなども鬼門を避けられています。

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

  • SEOブログパーツ