33坪4LDK、北玄関の家相診断

今回の家相診断は33坪4LDKの二階建ての間取りです。

玄関は北西の位置にあり北東の鬼門を避けているので
方位的には良い位置になっています。

欠けている状態になっているので
袖壁をつけて安定した形にするか
玄関を拡大、上の階も部屋にして拡大して
長方形の間取りにするのもよいでしょう。

トイレの位置も1階2階ともに鬼門の北東や
裏鬼門の南西を避けた位置にあるので問題はないです。

階段下のトイレが気になるようであれば
和室を小さくしてトイレを移動します。

2階のトイレも移動すると北西の方位になります。

ベランダ部分は広いほうが使い勝手が良いので
袖壁をつけてそのままのひろさにして
屋根だけシンプルになるようにするか
2階も欠けのないように部屋を大きくしておく方法もあります。

洗濯機やシンクなども鬼門を避けられています。

東玄関の家の家相診断

今回の家相診断は34坪4LDK東玄関の間取りです。
道路は東道路ですので東玄関か南玄関が良いでしょう。

玄関の位置は北東の鬼門の位置にあるので
和室と入れ替えて南東の玄関に配置換えすると
玄関を鬼門から外すことができるでしょう。

1階の水回りは北西にまとめられ
裏鬼門の南西も外しているのでこのままでよいでしょう。

リビングダイニングも南の窓が多く明るく
二階の個室もすべて南窓で明るさがあふれる良い間取です。

二階のトイレが玄関の上にあるのと
北東の鬼門に配置されているので
北西のクロゼットの一角に配置換えすることで
玄関の上と鬼門を避けることができます。

二階の寝室を大きくして欠けをなくすると
屋根形状も構造もシンプルになって雨漏りのない
構造的にも強い家になります。

バルコニーテラスをどうしても今ぐらいほしい場合は
袖壁を設けて屋根をシンプルにかけるとよいでしょう。

34坪4LDKの間取りの家相診断

今回の家相診断は34坪4LDKの間取りです。

玄関の方位ですが南西の裏鬼門の方位になっています。

できれば避けておきたい方位なので
和室と玄関を入れ替えて、西入りの玄関で
西中央から入る配置計画に変えてみます。

1階のトイレは北西の方角で北東の鬼門や
南西の裏鬼門を避けられているので問題のない間取り

2階のトイレも北西で、北東の鬼門や
南西の裏鬼門を避けられているので問題のないです。

家の形に関しては玄関部分が欠けているので
真四角にして欠けのない間取にします。

2階のバルコニーはひさし代わりに前面に出して
総二階のプランに変えてみましょう。

洋室は部屋の大きさを置きくして収納量も拡大
部屋と部屋の間に廊下を作って
ベランダに部屋を通らずに出れる間取りにすると
物干ししやすく使いやすい間取りになるでしょう。

34坪4LDK北玄関の間取りの家相診断

今回の家相診断は34坪4LDK北道路の間取りです。

北側玄関で量産型のプランで隙がなさそうですが
家相的にはいかがなものでしょうか?

まずは玄関の位置について北東の鬼門の位置になるので
北道路で北西の位置に変えたほうが良い位置です。

トイレの位置ですが完全に北東の鬼門にあるわけではないのですが
1階二階とも北西の方向に配置換えできればしておきたい。

玄関付近は欠けになっているので袖壁をつけるか
玄関ホールを広くするなどして
正方形や長方形の構造的にお安定した形にするのがベター

形を簡単にすることで屋根のおさまりが簡単になって
雨漏りのリスクを避けられる効果もあります。

解決方法としてはプランを東西反転させると
プランを変更せずに和室も東窓になり、寝室も東窓ができ
光もさわやかに入る間取りになります。

玄関も北西になって鬼門の北東を避けられます。

家相 欠け 張り

今回の家相診断は35坪4LDKの二階建ての間取りです。

南道路で南玄関、玄関はほぼ中央にあります。

南玄関で裏鬼門の南西を外した位置にある間取りは
玄関の位置は良い場所に配置されているといえます。

南玄関は朝も気持ちよく明るい玄関になります。

気になるトイレの位置は鬼門の北東や裏鬼門の南西など
良くないとされる方位は外して間取りされています。

家全体の形状もほぼ真四角になっていて安定
南東の張り出しはマイナスにならない張り出しです。
張り出しや欠けが少ないことで構造的には安定
屋根の形状もシンプルになって雨漏りのリスクが軽減されます。

家相的には良い間取になっているといえます。

各部屋は薬袋や東に窓があり日当たりも良好で
寝室のクロゼットも大きく収納量もあります。

33坪4LDK、北玄関の間取りの家相診断

今回の家相診断は33坪4LDKの北玄関の間取りです。

玄関は北西の方位にあり、北東の鬼門を避けているので
玄関の方位としては問題ない方位になっています。

1階のトイレの方位お北西にあり、北東の鬼門を避けているので
これも全く問題のない位置にあります。

玄関からもトイレのドアが見えにくい配置なのもよいでしょう。

2階のトイレはやや北東にかかりそうな位置なので
南にずらしてあげるか、北西に移動するかして
鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けていきます。

階段はキッチンから上の階に上りやすく
リビング階段としての配置も便利でよいのですが

窓のとれる外周側のほうが階段が明るい間取になります。
和室に窓が欲しい場合は今のままでよいでしょう。

玄関は若干欠けているのでポーチに袖壁をつけるか
玄関を拡大して、正方形の間取りにします。

二階は部屋を拡大すると総二階になって
構造的にも安定した間取りになるでしょう。

張り欠けのない間取は、屋根もシンプルになって
雨漏りの危険性もなくなっていくメリットがあります。

33坪4LDK西玄関の家の家相診断

今回家相診断するのは33坪4LDK西玄関の間取りです。

西玄関はあまり良いとされないのは、西日の影響です。
昔は木製の玄関ドアが多かったことから西日の影響で
玄関ドアの狂いが生じて痛みも早く開閉も困難になる方位です。

現在はアルミのドアになったことで老朽化や風化への心配は軽減
それでも西の玄関ホールは玄関の温度が上昇しやすいので

風通しの良い間取にしておくことが重要になります。

今回の間取りは玄関が裏鬼門の南西を避けてはあるのですが
トイレの位置や水周りが鬼門の北西に近いので
和室と入れ変えることで良い方角に移動できます。

リビングを拡大したり畳コーナーを設けるなどして
家の形を長方形にすることで欠けのない形状にすることができます。

二階も洋室の西に収納を増やすことで
整った形の構造的に安定した間取りにすることができます。

欠けのない長方形や正方形の間取りにすることで
屋根の形もシンプルになるので雨漏りのリスクが軽減されます。

33坪4LDK北玄関の間取りの家相診断

今回の家相診断は33坪4LDK北玄関の間取りです。
玄関の方位は北西にあり、北東の鬼門をを避けた位置にあります。
問題のない間取になっています。

1階のトイレは北東の鬼門や南西の裏鬼門を避けているので
問題のない配置計画になっていますが、
理想を言うと北東の方向へ移動します。

2階のトイレは完全に鬼門の北東ではあませんが、
北東を外した北西に配置換えしたほうがよさそうです。

家の形はほぼ長方形で張りや欠けもなく
構造的にも安定した間取りになっています。

パントリーやウォークインクロゼットなど収納も充実
リビングダイニングにはアイランドキッチンがあり
希少価値のある間取りになっています。

33坪とコンパクトなので建築コストも抑えられて
購入しやすい価格になりそうな間取りです。

33坪4LDK南玄関の間取りの家相診断

今回の家相診断は33坪4LDKの南道路の間取りです。
玄関は南玄関で明るい位置にあるので方位は良いです。

鬼門の北東や裏鬼門の南西に玄関がかかっていないので
家相的に問題のない間取りです。

ポーチ部分はくぼんでいるので平らにして
ポーチを張り出すようにしてもよいでしょう。

1階のトイレは北西、洗面バスも北西に位置しています。
トイレなども鬼門の北東や裏鬼門の南西をさけて
家相的に問題のない間取りになっています。

2階のトイレも北西に位置しています。
鬼門の北東や裏鬼門の南西をさけているので
家相的に問題のない間取りです。

家の形は全体的に正方形で構造的に安定しています。
南の中央のバルコニーは屋根付きにするか部屋干しの部屋に
屋根のラインを複雑にしないようにして
バルコニーテラスも南に広くとるとよいでしょう。

東 玄関 家相

間取り 家相

今回の家相診断は33坪4LDK東玄関の間取りです。
東道路からの玄関は北東の位置に配置されて
鬼門とされる北東に入っています。

南東のほうに玄関の配置を移動して間取りを入れ替えることで
玄関を鬼門の北東から避けることができて
問題のない間取になるでしょう。

洗面やトイレなどは北東方向からはずして
北西の方角にあるので問題はないです。

家の形状は南西のほうに和室の張り出しがあります。
裏鬼門の南西の張り出しはできれば避けたいところ
まっすぐにして四角い形状の家にして改善します。

2階の南東も不整形な部分があるので
欠けをなくして安定した四角の形状にすることで
屋根の形状を簡単にして雨漏りなどを避けられます。

構造的にも安定した形になるので
より安心感の高い家づくりができます。

  • SEOブログパーツ