平屋の住宅の間取りを家相診断しました

今回の家相診断は平屋の間取り図です。

南道路の想定で玄関は南東にあります。

家相的には鬼門の北東を避けてあり、
さらに南西の裏鬼門を避けているので
ベストな位置だといえます。

お風呂や洗面やトイレも鬼門の北東を避けてあり、
南西の裏鬼門を避けているので良い家相です。

トイレと洗面は鬼門にはありませんが
真北というのが冷えそうで気になるようであれば
北西方位に洗面とトイレを移動して
納戸スペースと入れ替える方法もあるでしょう。

間取りは張りや欠けもなく美しいい正方形です。

構造的にも安定する形で
平屋であるのでさらに耐震性能の良い家になるでしょう。

平屋は2階の重量がかからないので
耐震的には有利な間取りになります。

屋根形状もシンプルで美しい外観になります。

シンプルな間取りはシンプルな屋根形状になるので
雨漏りのリスクのない屋根になるでしょう。

張り欠けのない家はトラブルも少なくなるのです。

吹き抜けは家相的に欠けになるか?

今回の家相診断は玄関に吹き抜けのある間取りです。

吹き抜けのある間取りの家相は欠けになるのか?

家相的に良く無いのか?という質問をされた場合、
良い面と悪い面があるのでケースバイケースだと言えます。

昔の家相ではよく無いといわれていたのはデメリットのためです。

良く無いとされてきたのは以下のことからです。

1.空調的に倍の容積になるので、冬には暖房が温まりにくく
夏には冷房が冷えにくいといったことです。

これは倍の能力の空調、エアコンをつけることで解決します。

また床暖房を入れることでも大きな効果が得られます。

シーリングファンがあることで部屋の温度が金問いに拡販されるので
シーリングファンは必須といえるでしょう。

2.音が反射して響きやすくなる

家具を入れることで通常の家はおさまるのですが
広い家の特徴でもありリビングにラグを敷くことや
カーテンひだを倍にしたり、
音の吸収の良い家具を増やすことで改善可能です。

3.構造的に横揺れに効く2階の床が少なくなる。

最近の木造住宅などは2階床を梁に固定することで
横揺れに対する剛性を高めています。

吹き抜けがあることでその部分が欠けになることは否めません。

構造計算によって安全を確認することで解消できます。

匂いが回るという意見もありますが
それは広いリビングダイニングのプランや
特にオープンキッチンによる影響も多いため
吹き抜けだけが原因ということはできません。

今回のプランのような小さな吹き抜けはどうかといえば
階段室程度の構造的なかけなのでどこの家にいもある大きさです。

玄関ホールに上からの光も入れられて、快適性が高められるので
問題がない程度だといえるでしょう。

構造的な強度が気になるようでしたら
納戸にする案も検討しておきましょう。

大きく吹き抜ける場合はその吹き抜けの周囲で
水平力やねじれに対応できる間取りで対応することも大事です。

建築設計士とよく相談しましょう。

吹き抜けのメリットとしては部屋が広く見えて開放感が出る。

上方からの光が入れられるなど
精神面での良い効果が期待できますから
一概にやめた方が良いとも言えません。

吹き抜けは家相的に欠けではありますが、
空調や構造的に安定することが確認できればプラス面もあるということですので
設計力のある会社や設計士に依頼することが必要になります。

今回の間取は玄関も鬼門の北東を避けてあり
水回りも北西に配置されているので問題はありません。

北東のバイクガレージ部分の一部が壁になれば
構造的にはよりベターだといえます。

平屋の間取りの家相診断

今回の家相診断は28坪の平屋の間取りです。

長方形の形の整然とした間取りになるので
張りも欠けもなく構造的にも安定した形状です。

張りも欠けもない平屋は屋根もシンプルに納まり
雨漏りのリスクもなくなるのと
屋根形状がとても美しくなるので
デザイン性もよくなって資産価値もアップします。

玄関は北西にあり北東の鬼門方位を避けているので
家相的には問題のない位置です。

トイレの位置も北西にあるので鬼門を避けています。

お風呂の位置まで鬼門を避けるのは
間取り上困難なのでそこまで不浄ではないお風呂は
たいてい北東を避けるところまではできないです。

今回の場合はファミリークロゼットと入れ替えて
北東のお風呂を移動します。

理由としては部屋に接して水回りを設けると
音の問題がある可能性を残すからです。

入れ替えて残ったところをパントリー収納にすることで
使い勝手も向上させることが出来ます。

今回の間取は変えるところはありませんが
あえてお風呂の位置を変えて使い勝手を向上させるのを
狙ってみました。

平屋の間取りは上の階もないことから
構造的にも強く有利になります。

正方形や長方形のシンプルな形状にすることで
安定した構造的な強さを得ることもできます。

南玄関で張りのある家の間取り診断

今回の家相診断は南道路、南玄関の38坪4LDKの間取りです。
建物はほぼ正方形で張り欠けのない安定した形状に見えます。

二階も正方形で屋根形状もシンプルになるので
雨漏りの起こりにくい間取りになります。

1階の玄関の部分に小さな張りがありますが
これは南方向の小さな張りで家相的には良い張りになります。

構造計算的に大きくバランスを阻害するものではありません。

また張り出しも小さめなので他の部屋への日あたりの影響も少ないです。

バストイレなどの水回りは北西に配置され
鬼門の北東を避けています。

冬に北東は冷える方位になるので、
洗面脱衣室や浴室、トイレの配置を避けたい方位です。

今回の間取り図ではそれを避けることができています。

1階のトイレを移動しようとしても
間取りがかえって使いにくい間取り図になるので
このままでよいでしょう。

ただ、トイレとダイニングが扉画「1枚で仕切られているので
階段入り口付近に扉をもう1枚増やすことで
トイレの音がダイニングに近くなる問題を軽減することができます。

二階のトイレも北東を避けているので良いでしょう。

間取りの家相診断

今回の家相診断は39坪4LDKの東道路の間取りです。

家全体のバランスはほぼ総2階で安定しており
1階の南東方位に張り出しがあります。

この小さな張り出しは構造的にも影響がなく
家は安定した強さを保てます。

コスト的にも複雑になることはないでしょう。

屋根形状もシンプルに張り出し部分が下屋になるので
雨漏りなどのリスクの少ない張り出しになります。

トイレの方位は鬼門の北東と裏鬼門の南西を避けているので
冬の冷え込みの厳しい北東も、厚さの厳しい南西も避けています。

2階のトイレは方位的に鬼門にかかっているわけではありませんが、
寝室の横で音の問題が気になるようなら
寝室と離した北西方位への移動をおすすめします。

収納をはさむなど隣接しないことで快適性能がアップします。

玄関の位置は南東にいちしており
東道路としてはこの位置か南から入れるのがベスト
問題のない配置計画になっています。

家相とは関係ありませんが寝室を南ベランダに接して
南西の洋室6畳と入れ替えるかもしくは、
部屋を通らずベランダにいけるような廊下を作ることで
洗濯物を干しやすい間取りになるでしょう。

階段の位置が中央にある間取りの家相診断

今回の家相診断は部屋数の多い間取りです。
部屋数の多い間取りで一見よさそうです。

ほぼ家も正方形ですし、総二階ですから構造的にも強そう

しいていうなら欠けをなくす程度でしょうか?

この欠けもなくしてしまうと、駐車できないようであれば
なくすることもできません。

無理でなければ、1階と2階の欠けをなくして
畳の部屋を6畳にするとか
二階は洋室の間に収納を増やすなどして
使い勝手もよくしてしまいましょう。

玄関は鬼門の北東を避けて北西よりへ移動が良いでしょう。

トイレはこのままの位置でよいでしょう。
下手に変えると間取りが不都合が起きそうです。

階段の位置も本来であれば窓の取れる位置がベストです。
とはいえ現代の間取りではリビング階段なども多く
家の中心に階段があるのはよくあることです。

これを避けると部屋数の多いプランが作れません。
プラン重視で階段はそのままの位置にするのが良いでしょう。

今回の場合も部屋数の多い間取りの実現には
真ん中の階段を採用しないと実現不可能です。

家の中心の階段を嫌うのは暗くなって、
足を踏み外してけがをする危険があるからです。

そこで自然光の取れる天窓をつけるか、
コストをかけないで作るとすれば、
人感センサーの照明にすることが考えられます。

38坪4LDK北玄関の間取りの家相診断

今回の家相診断は38坪北玄関の間取りです。

玄関は北東の鬼門方位からはずしてあり、
北西の方向にあるので問題のない方位になっています。

北道路の玄関としてはこちらの方位や
東方位が玄関におすすめの方位でしょう。

トイレも北東の鬼門方位から外してあり、
1階も2階のトイレも問題のない方位になっています。

二階の北東には書斎が配置されていますが
書斎にはあっている方位で快適に使えます。

各部屋が南向きに面してしているので
精神的に安定した健康な生活が送ることができます。

キッチンの配置がものが腐りやすい方位にありますが
現代の住宅事情を考えれば冷蔵庫もあるのでこのままでもよいですし、
東の方位に移動すれば洗面脱衣室に近くなり、
家事動線は洗濯機やお風呂に近くなります。

38坪4LDKの間取りの家相診断

今回の家相診断は38坪4LDKの南玄関の間取りです。

南道路で南東に玄関を配置してあり、
南西の裏鬼門を外してあり、家相の良い間取りです。

トイレやお風呂などの水回りは
冬場に冷え込みの厳しい北東の鬼門にあります。

冷えすぎるとリビングからの基音さが激しく、
ヒートショックなどの体にはよく無いリスクもあるので、
北西の和室と水回りを入れ替えてみましょう。

北東の方位に欠けがあり、雨風を巻き込みやすく
壁の傷みも激しくなって家の劣化のリスクがあるので
長方形になるように内部空間を拡大します。

将来的に壁の劣化でお金がかかるよりも
最初に部屋の大きさのお金をかけることで
構造的にも安定した間取りにしていくことができます。

二階の欠けもなくしていくことで
屋根形状もシンプルになることから雨風から強くなり、
ゲリラ豪雨打屋台風に大してより強い家になります。

家相診断、二階の張り欠けは気にしたほうが良いか?

今回の家相診断は38坪5LDKの北玄関の間取りです。

玄関は北西に配置され、北東の鬼門を外しているのでOK
トイレは鬼門にはなっていませんがキッチンから離します。

玄関部分が欠けているので得gん館を拡大して
長方形の間取りにしていきます。

和室は東窓を取って快適二したいので
洗面脱衣室と浴室と入れ替えて東側に移動します。

二階の間取りは欠けがあるので書斎を拡大。
二階の間取りは家相診断が必要かと聞かれますが
現代の家相診断では二階の形状が重要になります。

というのはゲリラ豪雨などの集中豪雨打や
台風などの突風を伴った風が吹き付けるのが、
過去の雨量よりも集中していると報告されているからです。

張り欠けの多い家は屋根形状も複雑になり
壁にくぼみができるため雨風を受け止めてしまいます。

複雑な屋根形状は屋根からの雨漏りを誘発し、
でこぼこの多い外壁は外壁からの老すりのリスクを高めます。

二階の張り欠けも現代の家相診断では重要です。

できるだけシンプルな形状にしながら
雨に強い外壁や耐久性の高い屋根を選んで備えましょう。

40坪5LDKの間取りの家相診断

今回の家相診断は40坪5ldkの間取りです。

玄関ホールの位置が裏鬼門の南西に位置しているので
南東の玄関に移動します。

トイレの位置は鬼門の北西を外していますので
問題のない間取といえますが、
トイレと浴室、洗面脱衣室の出っ張りが
張り欠けをつくってくぼみを作っているので
張り欠けのない家相に変えていきます。

張り欠けがあると屋根形状が複雑化して
雨漏りの原因を作り出してしまいます。

壁の入り隅も湿気のたまるエリアを作り出すので、
壁の傷みの早い部分、
コケが生えたりする場所になる可能性があります。

キッチンは東側にあるのが良いので和室と入れ替える
必要はないですが、洗面脱衣室と近づけたい場合は移動します。
このままでも問題はありません。

キッチンを鬼門の北東を避けるのは
間取りが成り立たなくなることも多く、
明るい南をリビングにすると、
北側に対面式キッチンが来るのが多くなります。

北側は気温が下がるのがデメリットなので
床暖房なので対応するのが良いでしょう。

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村