家相 方位

家相診断

今回の家相診断は鬼門の玄関のある間取り

間取りの鬼門の位置北東に玄関が配置されています。
東道路の想定ですから、南側、南東側に玄関を配置換えします。

和室は玄関のある北東へ移動、
階段はリビングを通ってから上るように変えるなど工夫します。

おさまりが悪い時は玄関を南に出っ張りをつけても
南東の張りなので許容範囲とします。

ベストは張り欠けのない長方形か正方形の間取りが
風水、家相的にはベストになります。

ですから南西の裏鬼門に当たるパントリーの張りは
家相的にはマイナスポイントになります。

なしにすることで家の形は安定します。
窓や勝手口があればキッチンも明るくなることでしょう。

浴室やトイレは鬼門を避けているのでOK
キッチンは裏鬼門に近いですが
汚れを流すシンクは鬼門を避けているので良しとします。

カテゴリー: 家相 方位,家相診断,間取り 家相 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ