33坪4LDK西玄関の家の家相診断

今回家相診断するのは33坪4LDK西玄関の間取りです。

西玄関はあまり良いとされないのは、西日の影響です。
昔は木製の玄関ドアが多かったことから西日の影響で
玄関ドアの狂いが生じて痛みも早く開閉も困難になる方位です。

現在はアルミのドアになったことで老朽化や風化への心配は軽減
それでも西の玄関ホールは玄関の温度が上昇しやすいので

風通しの良い間取にしておくことが重要になります。

今回の間取りは玄関が裏鬼門の南西を避けてはあるのですが
トイレの位置や水周りが鬼門の北西に近いので
和室と入れ変えることで良い方角に移動できます。

リビングを拡大したり畳コーナーを設けるなどして
家の形を長方形にすることで欠けのない形状にすることができます。

二階も洋室の西に収納を増やすことで
整った形の構造的に安定した間取りにすることができます。

欠けのない長方形や正方形の間取りにすることで
屋根の形もシンプルになるので雨漏りのリスクが軽減されます。

カテゴリー: 家相,間取り シュミレーション,間取り 家相 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ