34坪4LDK中庭のある間取りの家相診断

今回の家相診断は34坪4LDKの中庭のある間取りです。

玄関は裏鬼門の南西を外した南東へ配置
1階のトイレは鬼門の北東を外して北西に配置

ユニットバスも鬼門の北東を外して北西に配置

2階のトイレは鬼門の北東ではないものの
良い方角にはないのです。

リビングに光を入れるための中庭
これは欠けになります。

日当たりを重視した間取りなので
プラン的に、設計のレベルも高く
間取りも魅力的なものになっています。

それでも家相を気にしたい場合は
中庭をなくして安定した構造体にするために
和室をリビングに隣接させて
南の光を入れていく方法になるでしょう。

このプランで進めたい場合の解決方法は構造計算です。
細長く中庭があることで正方形よりはバランスが悪い。

構造計算債しっかりしていれば問題ない間取です。
屋根の形状も複雑になるので雨漏りのリスクもあるので注意

良く設計師のアドバイスを聞きましょう。

カテゴリー: 家相診断 無料 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ