南玄関で張りのある家の間取り診断

今回の家相診断は南道路、南玄関の38坪4LDKの間取りです。
建物はほぼ正方形で張り欠けのない安定した形状に見えます。

二階も正方形で屋根形状もシンプルになるので
雨漏りの起こりにくい間取りになります。

1階の玄関の部分に小さな張りがありますが
これは南方向の小さな張りで家相的には良い張りになります。

構造計算的に大きくバランスを阻害するものではありません。

また張り出しも小さめなので他の部屋への日あたりの影響も少ないです。

バストイレなどの水回りは北西に配置され
鬼門の北東を避けています。

冬に北東は冷える方位になるので、
洗面脱衣室や浴室、トイレの配置を避けたい方位です。

今回の間取り図ではそれを避けることができています。

1階のトイレを移動しようとしても
間取りがかえって使いにくい間取り図になるので
このままでよいでしょう。

ただ、トイレとダイニングが扉画「1枚で仕切られているので
階段入り口付近に扉をもう1枚増やすことで
トイレの音がダイニングに近くなる問題を軽減することができます。

二階のトイレも北東を避けているので良いでしょう。

カテゴリー: 家相診断,家相診断 無料,間取り 家相 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ