玄関の前にトイレがある間取りの家相診断

今回の家相診断は南玄関の平屋の間取り図です。

南玄関ですから玄関の方位も問題はなく、
北東の鬼門や南西の裏鬼門からも避けられています。

トイレの位置も北東の鬼門を避けられているのですが、
玄関正面に洗面所の入り口があるのが気になるところです。

トイレの入り口が真正面ということではありませんが、
洗面の入り口が玄関付近ということで少し気になる配置です。

どうしても変えなければならないということではないのですが
間取りをマイナーチェンジするとしたら以下の方法が考えられます。

一つは入り口の位置が正面にならないようにするのに
玄関の位置と和室を入れ替えて正面に入り口を見えなくする方法です。

玄関正面に水回りが位置するのを避けると同時に
南東の位置に玄関を移動します。

それによって玄関正面に洗面トイレの入り口が来るのを避けます。

もう一つは北西の洋室と洗面バストイレの水回りの位置を入れ替える方法です。

玄関と和室の位置は変えずに水回りを北西に移動することで
玄関と水回りの位置の気になる箇所を改善します。

北東の鬼門から北西に移動することと
キッチンに水回りが近くなり家事動線はコンパクトになるメリットがあります。

家相と言うのは運が悪くなるとか良くなるな度のことだけでなく、
実際の生活や見栄えに直結することです。

改善しておけば後で玄関の正面にある水回りを
ずっと気にせずに済むということでもあります。

必ず変更しなければならないということではありませんが、
一度家相診断をして検討しておくのもよいでしょう。

カテゴリー: 家相,家相 トイレ,家相診断 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村