38坪4LDK南玄関の間取りの家相診断

今回の家相診断は38坪4LDKの南玄関の間取りになります。

玄関は南東側に配置されていて南西の裏鬼門の方向を避けてあります。

また北東の鬼門方向からも避けてあるので
家相上問題のない玄関の方位になっていると言えます。

トイレ洗面浴室などの水回りは北西の方角に配置されています。

そのことで北東の鬼門方向をはずして配置されていることにより
家相上問題のない位置に配置されている間取りと言えます。

2階のトイレや洗面も北東の鬼門を外してありますので
これも家相上問題のない配置計画と言えます。

玄関や水回りの方位については家相上問題のない位置になっています。

家の形状は長方形になっており凸凹のない家相上も張りや欠けのない
均質な間取りになっています。

そのことによって耐震的に偏った力を受けにくくなり地震への耐久性が
著しく落ちるような間取りにはなっていないと言えます。

また四角い形状ですので屋根形状もシンプルになることによって
雨漏りなどのリスクのない建物になっています。

台風やゲリラ豪雨などの集中豪雨にも耐えられる形状になっています。

間取りの方はリビング収納や共用の納戸収納など収納も多い間取りで
リビングを経由して階段を上っていく配置計画など
家族とのコミュニケーションが濃厚になるような配慮もされています。

家相上のバランスを取りながら家族との絆へも気配りし
長く住んでも収納が溢れないような配慮なども見られます。

カテゴリー: 家相,家相 間取り 診断,家相診断 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村