住宅の間取り、家相の上で鬼門の玄関を避ける理由とは?

家相(かそう)とは、住まいの間取りや配置に関する風水の一種で、日本の伝統的な住居において重要とされています。鬼門(きもん)とは、北東の方角を指し、古代中国の陰陽五行説に基づいて不吉な方角とされています。鬼門の玄関を避ける理由について説明します。

  1. 不吉なエネルギーの流入を防ぐため: 鬼門は「鬼が出入りする門」とされており、不吉なエネルギーや悪霊が入りやすいと考えられています。そのため、玄関を鬼門に設けると、家の中に悪いエネルギーが入り込みやすくなると信じられています。
  2. 家族の健康や運気を守るため: 家の中に不吉なエネルギーが流れ込むと、住む人々の健康や運気に悪影響を与えるとされています。鬼門の玄関を避けることで、家族全員が健康で幸せに過ごせると信じられています。
  3. 風水的なバランスを取るため: 家相や風水においては、家全体のバランスが重要視されます。鬼門の方角には特に気を使い、玄関や水回り(トイレやキッチンなど)を避けることで、良い気の流れを保つことができるとされています。
  4. 古来からの伝統や信仰に基づくため: 鬼門に関する考え方は古くからの伝統や信仰に根ざしています。多くの人々がこの信仰を守り続けることで安心感を得ており、鬼門の玄関を避けることが一般的な家相のルールとなっています。

現代の家相においても、鬼門の玄関を避けることは重要視されていますが、すべての家に適用できるわけではありません。現代の建築や生活スタイルに合わせて柔軟に考えることも大切です。

カテゴリー: 家相,家相 方位,家相診断,鬼門 玄関 | Tags: , , , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ