そのトイレの変更やめて!部屋干し室のある間取りを家相診断します

今回の家相診断は34坪4LDKの二階建ての間取りです

人気の部屋干しランドリースペースが二階にある間取りで
一階にはテレワーク書斎も5畳あり
コロナ禍後の間取りに対応したプランになっています。

駐車場を配置するために長方形や正方形になっていませんが
裏鬼門の南西の部分の欠けは家の幅の2/3以下になっているため
家相の上では悪いとされる欠けにはなっていません。

むしろ南東の張りになっていて良い家相になっています。

玄関の方位は南と良い方角になっており
鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けて配置されているので
玄関の方位も問題ありません。

トイレや洗面やお風呂の位置も北東の鬼門と
南西の裏鬼門を避けて配置されているので
おおむね問題ありません

1階のトイレの位置が裏鬼門に近いと感じる方もいるかもしれませんが
少しかわしているので問題はありません

それでも気になる場合は北の階段下に移動する方法があります。
そのことによってお風呂や洗面の配管と近くなります。

現在の配置は玄関を開けて正面にトイレのドアが来るのを避けているので
そのまま階段下のホール側にドアをつけたのでは
玄関正面になるので良くはありません。

玄関正面のトイレのドアはやめた方が良いです。

どうしてもトイレの位置変更をしたいというのであれば
洗面側の横から階段下のトイレに入る間取りにする方法があります。

さらに洗面と脱衣室を分ける間取りに変えることで
玄関からトイレのドアが正面になるのを避けられるでしょう。

玄関から洗面台も近くコロナ後の習慣となった
帰宅後の手洗いうがいにも便利な間取りです。

パントリーや納戸などの収納や部屋干し室など
主婦目線でも使いやすい良い間取りになっています。

家事動線のストレスを軽減するのは家相だけではなく
健康にも良い住宅プランです

今回の家相診断は33坪4LDKの二階建ての住宅の間取りです

今回の家相診断は33坪4LDKの二階建ての住宅の間取りです。

玄関は南東方向になりますので北東の裏鬼門を避けられています。

トイレは北東の鬼門方向に入っていますので
南東方向の玄関付近へ移動します。

二階のトイレは鬼門の方位へは言ってはいませんから
問題はありませんが人によっては
北東方位に近いと気にされる方もいます。

気になる場合は階段と入れ替えて
北西の方位に変更します。

建物の形状は長方形で張りも欠けもありませんから
均等に力の分散する問題のない建物形状です。

北西にお風呂洗濯機などがあり鬼門と裏鬼門を外しています。
キッチンは南西の裏鬼門方位になり
夏場に温度が上昇しやすいでしょう。

お風呂洗面キッチンまで鬼門を外すのはほぼ不可能ですから
気になるようでしたら玄関とトイレを
鬼門と裏鬼門から外すだけで間取り変更します。

家相診断:トイレを鬼門の北東から北西へ移動する

今回の家相診断は35坪3LDK の間取りになります。

玄関は南玄関で南東に位置しています。
北東の鬼門と南西の裏鬼門を避けているので
玄関の方位は問題ないほういであると言えます 。

LDKは南側に配置されていて、日当たりも良く
北側に水回りが配置されています。

トイレが北東の鬼門に配置されているので
洗面室と一緒にクローゼットのある北西の方に移動して
入れ替えることで北東の方位を避けることができます。

キッチンは対面式キッチンでパントリー収納や
リビング収納など収納量も豊富で使いやすい間取りになっています。

廊下の方から階段で2階に上がっていくようになっていて
窓から光が階段に差し込むので、暗がりで歩くような配置ではないので
階段の位置も問題ありません。

2階のトイレの方は西側に配置されていますが、
北東の鬼門と南西の裏鬼門に配置されていないので
全く問題のない配置になっているといえます。

また南側に子供部屋の洋室6畳が二部屋、
北側の方に寝室クローゼットが配置されているので
東側に配置するかもしくは西側に入っているかしかない
という中でまとまった収納を納戸を東に入ってきたので
この位置にならざるを得ないというところです。

間取りも玄関の部分が南東に張り出しているようになっている以外は
ほぼ長方形の間取りになっています。

ですので小さな張りが鬼門や裏鬼門を避けた南東の方位にあるだけで
それも問題ない火葬になっています。

2階も長方形の間取りになっているので
屋根もシンプルな形状になる形で雨漏りのしにくい形状です。

張り欠けの問題は全くない家相になっていると言えます。

南西のキッチンは家相上良くない

今回は良くないとされるキッチンの方位、配置についてお話しします。

家相においてキッチンのある方位で良くないとされている方位が
南西の方になります。

一つは温度が上がりやすくなってしまう位置になるので
夏場などは食べ物が腐りやすい位置になってしまいます。

冷蔵庫がある現代であっても家の中では一番南西が温度が上がりやすく、
食品を置いておくだけで腐敗が進んでしまうという場所になります。

ですので高気密高断熱になった現代でも南西にキッチンを配置するのは
良くない場所になります。

もう一つは南西の方向から季節によっては風が吹いてくるということになります。

キッチンは火を扱う場所になりますので、風の影響を受けて
火が家に回ってしまうということがあるようでは
防災上よくないということがあります。

また火が燃え移るとかそういうのがなかったとしても
臭いがそういうものは風の影響を受けて家の中で移動する
ということもあるので南西の風の方向を受けるキッチンの場所は
あまり良くないと言えます。

熱気や臭気が家の中に回りやすいという意味で南西のキッチンの方位は
避けた方が良いというのがあります。

また、南西に窓をつけてしまうと温度が上がってしまうので
不快であるということが言えるようになります。

ただ現在では高気密高断熱になっており、
また窓を開放して生活するというスタイルではなくなってきているので
エアコンなどで換気をして生活するようであれば
キッチンの位置はあまり気にしなくても良い状態にはなっています。

39坪4LDK北玄関の間取りの家相診断

今回の家相診断は39坪4LDK の2階建ての間取りになります。

玄関は北側に配置されており、北西の方位にあります。
玄関の位置は北東の鬼門方位を外しており、問題のない位置にあります。

玄関付近にはシューズクロークもあり、収納も多いので
便利な使いやすい間取りになっています。

リビングと玄関の間にトイレのスペースがあります。
トイレのスペースも北西の方にあり北東の鬼門の方位を外してあるので
家相的には問題ない位置になっています。

リビングダイニングは南の方に庭があり、
和室も隣接して広く使いやすい状態になっています。

またキッチンの側に洗面脱衣や物干し室などもあり
家事動線もコンパクトになって使いやすい間取りになっています。

間取りの中央にリビング階段が配置されています。
こちらは開放的になっていれば足を踏み外すこともないので
位置的には中央にあって家相的によくありませんが
照明をつけて開放的にするなど足を踏み外さないようにすることで
解消できる問題であります。

2階のトイレは西の方角になっています。
南西や北東の鬼門、裏鬼門の方位は外してあるので
問題のない位置になっていると言えます。

寝室は広いバルコニーに面しており明るく、
子供部屋の洋室は東と西と道路側の北側から光を入れることができます。

南の光を子供部屋に入れたい場合は寝室と入れ替えて配置すると良いでしょう。

間取りは張り欠けももなく長方形の間取りになっています。
そのことで屋根形状もシンプルになり、
雨漏りなどのリスクを抱える作りにはならなくなります。

また外壁のでこぼこもないので雨風が吹きつけて
溜まってしまったりするリスクも少なくなり
壁からの漏水の原因を作りにくい住宅になるといえます。

張り欠けのない家相の良い家、間取りにすることによって
耐久性のよい家になっていると言えます。

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

最近の投稿

アーカイブ