35坪3LDKの平屋の間取りの家相診断

今回の家相診断は35坪3LDKの平屋の間取りになります。

建物の形状はほぼ正方形に近い長方形で張りや欠けなどが全くない
シンプルな形状になっています。

そのことから屋根形状もシンプルになります。

そのため集中豪雨や台風などの影響を受けにくく
災害に強い間取りをつくることができます。

玄関ホールは鬼門の北東の方位や裏鬼門の南西の方位を避けてあります。

夏の時期に温度が上昇して不快になってしまうような南西の方位や
冬に冷えてしまう北東の方位、北風の吹き付ける北東の方位を避けてあります。

トイレや洗面やお風呂などの水まわりも北東の方位を避けてあります。
急激な冷え込みによってトイレで服を脱いだ時、
脱衣室で服を脱いだ時に体調に異変を感じたりするということも避けられます。

また玄関と同様に南西の裏鬼門の方位を避けてあるので
家相風水上は全く問題のない間取りになっていると言えます。

家の形状が張りや欠けがないことによって屋根の形状がシンプルになるとともに
歪な形状によって耐震的に弱くなるということもありませんから
地震の災害にも強い間取りになっているといえます。

まだ平屋の間取りですので2階に重量をのせて地震を受けるって事がありませんので
耐震的にも2階建て3階建てよりも有利になるという間取りになっています。

鬼門や裏鬼門などの方位に玄関トイレなどが無く、
張り欠けのない形状によって安定した家の形を保っているので
家相診断的には問題のない平屋の間取りになります。

38坪4LDK2階建ての間取りの家相診断

今回検証する間取りは38坪4LDKの間取りです。

玄関の位置は北西側に位置して北東の鬼門や
南西の裏鬼門を避けて配置してあります。

玄関は鬼門を避けてあるので方位としては問題ありませんが、
玄関部分は欠けになっており、くぼんでいる形状になっております。

そのため雨風が吹き付けたり、吹き溜まりになるということから、
長期的に見ると劣化が早いという恐れがあります。

またくぼんだ部分に強く雨風が吹き付けることにより、
場合によっては漏水の危険性も生じてきます。

特に2階の屋根形状では真四角でないことによって
屋根形状に谷を生じることになります。

谷があることで雨漏りがすぐ起こるというわけでありませんが、
屋根の形状がシンプルな建物と比較すると
雨漏りの危険度は高いということができます。

くぼみをなくするために1階は玄関に収納を増やし西玄関にして
西側から入るということをしていくことで
四角い間取りの形状にすることができます。

2階については書斎大きくすることで、欠けのある窪み部分が
なくなっていくので四角い形状の間取りにすることができます。

トイレの方に関しては1階も2階も北東の方位と南西の方位を避けてはありますが、

北東の鬼門方位に近いということで気になるところであります。

ただこの東側避けていくと間取り自体が成立しなくなってしまうので
このトイレ自体は温度の上昇が激しいに西側にはないということで
そのままにしておくというのが良策のようです。

家相診断:玄関に小さな欠けがある住宅の解消方法

今回の家相診断は44坪5LDKの間取りになります。
玄関の方向は北西の方位にあります。

玄関の方位としては問題ないのですが欠けているというところが気になるところです。

その玄関の欠けを補う方法として袖壁を設けて角に柱がある状態にします。
そのことで構造的にも安定して、北風を防ぐことができるようになっています。

実質的に建物の形状としては欠けのない立体として建築することができます。

建物の形状は1階も2階も長方形になっているので
屋根の形状も複雑にならずにシンプルにすることができます。

そのことで雨漏りなどの災害にも強く凹凸が少ないので風の影響も受けにくく、
台風などの災害にも耐えていくことができます。

また、長方形の間取りであるため構造的な複雑なことも出てきませんので
安定した力の伝達ができることになります。

トイレの方位についてですが一階の方は北西の方位に配置されています。
北東の方位の鬼門を避けてあるので、家相的には問題ない方位になっています。

2階のトイレは真北にありますが気になるようであれば
寝室を8畳にして北西の方に移動するという方法もあります。

ですが2階のトイレの下も洗面脱衣室になっており、
北東の方位の鬼門を避けてますのでこのままの方が合理的で
排水などの経路も良いので移動しない方が良い計画になっています。

階段などの位置も窓のつけられる位置に配置されているので
暗くならずに安全を確保できる配置になっています。

階段の位置も家相的に問題ありません。

お風呂やキッチンなどの水回りが鬼門の北東方位に入っていますが
こちらの方まで鬼門だということで北東を避けるということになると
間取りが成立しなくなるので、トイレと玄関を重点的に押さえて
張り欠けなどの大事な部分を角的に抑えることで良しとした方が良いでしょう。

家相診断:西玄関の住宅の間取り例 2階のトイレを鬼門から移動する

今回の家相診断は玄関が西玄関になっている間取りです。

西道路の想定で北西の方に玄関があるので
北東の鬼門方位からと南西の裏鬼門の方位を避けてあります。

ですので玄関の方位的には問題のない位置になっています。

家の形状も張りや欠けがなく家相上問題がなくて良い形状になっています。

張りや欠けがないということで屋根の形状がシンプルになり
集中豪雨などの雨量にも耐えられる耐久性の高い
屋根になるということが予想されます。

また家の形状が長方形で総二階でシンプルなので
複雑な形状の家と比較した場合には
構造計算も強いデータが得られるということになります。

バランスの良い家というのは地震に対しての力も
いびつに流れないという特徴があるので
より地震力に対して強い力を発揮してきます。

トイレの位置についてですが1階のトイレは
北東の鬼門の方位には入っていませんがやや北東気味になっています。

そのことが気になるようであれば階段を東西反転させて
トイレの位置を変えるという方法もあります。

ですが特に変更しなくても良い位置にはなります。

2階のトイレの方は北東の鬼門方位に入っておりますので
できれば北西側の方に移動して鬼門のトイレを避けるというのがベストです。

その場合寝室のウォークインクローゼットが小さくなってしまう
という間取りの変更が起きてしまうので
寝室とウォークインクローゼットを東側に移動して
元のクローゼットの広さを確保するといった間取りの作り方があります。

寝室は東の窓も取れる状態になるのでさらに良くなると思われます。

2階のトイレの位置以外は特に直すというところは家相上ない間取りですが
二階のトイレが気になるようであれば寝室と2階のトイレを移動する
といったことが望まれる間取りになります。

今回は西玄関の間取りの家相診断でした 。

家相上問題のある鬼門にあるトイレを移動する方法

今回検証する間取りは44坪5 LDK の北玄関の間取りです。

玄関の位置は北中央よりやや西側に配置され
鬼門の北東方位を避けて配置されています。
そのことから玄関の位置については問題のない位置になります。

リビングダイニングキッチンは南側に配置され
明るい縁側と和室も南から光を取り入れる配置になります。

洗面脱衣とお風呂トイレなどの水回りが北東方位の鬼門にあります。
鬼門方位の水回りというのはよくないとされているので
プランを変えずに解消させるためには東西を反転させるという方法があります。

和室を東側、シューズクロークを東側に配置して
水回りを北西側に反転させて配置されます。

そのことで鬼門の方位のトイレを避けることができ
和室も東側の方から光を入れるということができるので
双方にメリットがあると思います思われます。

そして2階のプランについても同様のことが言えます。

2階のプランも鬼門にトイレが配置されています。

書斎が鬼門にあるのは問題がありません。

ですがトイレを東西反転させるためにと
階段の位置も下の階と整合性を取るために
2階の間取りも東西で範囲を反転させると良い間取りに変更されます。

トイレは鬼門方位の北東を避けることが可能になります。

2階の間取りを東西反転することで
寝室がが東側と南からの光を入れられ入れられることになり
それもメリットが生じてきます。

今回は鬼門の方位のトイレについての変更方法を解説しました 。

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村