鬼門の方角とは?その意味と対策を徹底解説

「鬼門(きもん)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは、日本の伝統的な風水や陰陽道に由来する概念で、

家の設計や風水を考える際に重要なポイントとされています。

この記事では、鬼門の方角について詳しく解説し、その意味や対策についてご紹介します。


1. 鬼門とは?

鬼門の定義 鬼門とは、北東の方角を指します。

古くから日本では、この方角が邪気の入りやすい不吉な方向とされてきました。

陰陽道や風水の観点から、北東は鬼(邪気)が通る門とされ、

特に注意が必要な方角と考えられています。

裏鬼門 鬼門に対して、南西の方角は「裏鬼門」と呼ばれ、

こちらも同様に注意が必要な方角とされています。

鬼門と裏鬼門は、家のエネルギーの流れに大きな影響を与えるとされています。


2. 鬼門の歴史と背景

陰陽道と風水の影響 鬼門の概念は、陰陽道や風水から来ています。

陰陽道は中国の古代哲学に基づき、自然界のあらゆる事象を陰と陽の対立で説明します。

風水もまた、中国の伝統的な環境学であり、

建物の配置や設計においてエネルギーの流れを最適化することを目的としています。

日本における鬼門 日本では、平安時代に陰陽道が盛んになり、

鬼門の概念が広まりました。多くの寺社仏閣や城郭は、

鬼門を避けるように設計されています。

例えば、京都の清水寺は鬼門に位置しており、

その配置には風水的な理由があるとされています。


3. 鬼門の影響と対策

鬼門の影響 鬼門が不吉とされる理由は、邪気や災いが入りやすいと信じられているからです。

風水では、家のエネルギーのバランスが崩れると、家族の健康や運気に悪影響を及ぼすとされています。

鬼門の対策 鬼門の方角に対しては、以下のような対策が有効とされています。

  • 盛り塩:玄関や鬼門に位置する場所に盛り塩を置くことで、邪気を払うとされています。
  • 植物の配置:観葉植物や鉢植えを鬼門の方角に置くことで、悪いエネルギーを浄化する効果が期待されます。
  • 鏡の設置:鬼門の方向に向けて鏡を配置することで、邪気を跳ね返すとされています。
  • 間取りの工夫:家の設計段階で鬼門を避けるように間取りを考えることが重要です。
  • 特に、玄関やトイレ、キッチンを鬼門の方角に配置しないようにしましょう。

4. 現代の鬼門と風水

現代における鬼門の考え方 現代の住宅設計でも、鬼門の概念を重視する人々は少なくありません。

特に、日本の伝統や風習を大切にする家庭では、鬼門を意識した設計が見られます。

しかし、科学的な根拠がないため、全ての人がこの考え方を取り入れているわけではありません。

風水の活用 風水は、家の中のエネルギーの流れを最適化するための知恵として、

多くの人々に取り入れられています。鬼門だけでなく、

他の方角や配置についても考慮することで、快適で運気の良い住まいを実現できます。


5. 鬼門を意識した住まいづくりの事例

事例1:Aさんの新築住宅 Aさんは新築住宅を建てる際、鬼門を意識した間取りを設計しました。

玄関は北東を避け、南向きに配置。

また、鬼門にあたる場所には盛り塩と観葉植物を設置し、

家族の健康と運気を守る工夫をしました。

事例2:Bさんのリフォーム Bさんは古い家をリフォームする際に、

鬼門の方角を確認しました。トイレが鬼門に位置していたため、

場所を変更し、新しいトイレは南西の方角に設置。

さらに、鬼門には鏡を置き、邪気を払う対策を取りました。


鬼門の方角について理解することで、家の設計や風水に役立てることができます。

鬼門は古くから伝わる不吉な方角とされてきましたが、

適切な対策を講じることで、その影響を最小限に抑えることができます。

現代の住まいづくりにおいても、

鬼門や風水の知識を活用し、快適で運気の良い住まいを実現しましょう。

家相 完璧な間取り

平屋(ひらや)とは、一階建ての住宅のことを指します。

日本の伝統的な家相(風水)において、

平屋の間取りは多くの点で好ましいとされています。

以下に、その理由と具体的なポイントを述べていきます。

家相における平屋の利点

まず、平屋の間取りが家相上良いとされる主な理由は、

気の流れがスムーズである点です。

家相では、家の中を巡る「気」が非常に重要視されます。

二階建てや三階建ての住宅では、

気の流れが階段やフロアごとに分断されることがあります。

しかし、平屋の場合、すべての部屋が一つのフロアに配置されるため、

気の流れが自然かつ均一に保たれやすいのです。

また、平屋は地面に直接接しているため、

地の気を取り込みやすいとされています。

家相では、地面からの気が住まい全体に良い影響を与えると信じられています。

この点も、平屋の大きな利点の一つです。

 

部屋の配置と家相

平屋においても、部屋の配置は重要です。家相において特に重視されるのは、

玄関、寝室、リビング、キッチン、トイレなどの配置です。

  1. 玄関: 玄関は気の入り口とされ、家相の中でも特に重要な場所です。平屋の場合、玄関は家の中央よりも東か南に配置すると良いとされています。これは、朝日の昇る東や陽の当たる南からの気が良いとされるためです。
  2. 寝室: 寝室は休息の場であり、気の安定が求められます。北側に寝室を配置すると、安定した気が流れ込みやすく、静かで落ち着いた空間を作りやすいです。
  3. リビング: リビングは家族が集まる場所で、気の交流が盛んです。家の中心や南側に配置すると、明るく開放的な雰囲気が得られ、良い気の流れを確保しやすいです。
  4. キッチン: キッチンは火を使う場所であり、家相では火の気を抑える配置が求められます。東側や南東側に配置すると良いとされ、これは朝日のエネルギーと相性が良いためです。
  5. トイレ: トイレは気が滞りやすい場所ですが、北西や西側に配置すると、悪い気を抑えやすくなるとされています。

平屋の間取りと家相のバランス

平屋は、家相において全体のバランスが取りやすいという特徴もあります。

各部屋が一つのフロアに配置されるため、

家の中での気の偏りが少なく、バランスが良い空間を作りやすいです。

また、部屋間の移動もスムーズであり、気の流れを妨げる要因が少ないです。

実際の設計における配慮

現代の住宅設計において、家相は完全には遵守されない場合もありますが、

基本的な原則を取り入れることで住み心地の良い家を作ることができます。

例えば、自然光の取り入れ方や風通しの良さなど、

家相の基本原則は現代のエコロジカルな設計とも通じるところがあります。

平屋はこれらの点で優れており、自然との調和を図ることが容易です。

平屋の間取りは家相上よい

総じて、平屋の間取りは家相上非常に良いとされています。気の流れがスムーズであり、

地の気を取り込みやすく、各部屋の配置がバランス良くできるためです。

現代の生活スタイルにも適しており、

快適で住みやすい住宅を提供する平屋は、

家相の観点からも理想的な選択肢と言えます。

家相診断 無料

家相診断 無料

 

今回の家相診断は32坪5LDKの
2階建ての真央d李になります

敷地は南道路で
玄関は南東の玄関にあり
鬼門の北東と裏鬼門の南西を避けており
問題のない位置にあります

階段も自然光の入る位置にあるので
踏み外しにくいけがのしにくい間取りです

お風呂や洗濯機の位置も
北西にあり問題ありません

キッチンは東のほうが良いですが
それだと間取りが成り立たないので

トイレと玄関の位置を優先でよいでしょう。

トイレは1階と2階ともに
北東の鬼門に近い位置にあるので
鬼門方向を外して移動することで

家相の良い間取りに変えることができます。

家の形状も張りや欠けもなく
整った形状の間取りなので
問題ありません。

家相診断 アプリ

家相風水間取り診断 総二階の間取り 玄関とトイレの方位チェック

今回の間取り診断は48坪5 LDKの2階建ての間取りになります。

家の形状ですが 総二階になっていて、張りや欠けなどもありませんので
家の形状としては 家相は問題のない状態、形状であると言えます。

玄関の方位ですが南東の方位になっていて
鬼門の北東方位や 裏鬼門の南西の方位を外してあるので
玄関の位置もまったく問題ないです。

リビングダイニングキッチンを中心に西側、北西の方に
トイレ 洗面脱衣 お風呂が配置されています。

こちらも鬼門の北東と裏鬼門の南西を外してあるので
問題のない方位になっていると言えます。

キッチンの方は 北東方位になってますが
東向きに窓を設ける など光を取り入れていけば 良いプランになります。

キッチンの方は鬼門にあっても排水を不浄のものとして
扱うということをしなくてもよいです。

キッチンまで鬼門を外さなくても大丈夫です。

2階の方は 各部屋が南に配置されていて
部屋干し室の南にあるようなプランになっています。

書斎を北東方位にしたいところですけれども
寝室のクローゼットがあるので
こちらは移動できないので
トイレの方が鬼門の北東方位にあるので
トイレだけを 北西の方に移動するのがベストだと言えます。

そのせいで 書斎が4.5畳になってしまいますが
4.5畳にするのが嫌であれば
納戸の一部をトイレにするという方法もあります。

各部屋の風通しも採光も良い間取りになっています。

無料家相診断:トイレを鬼門から外し玄関と二階の欠けをなくしましょう


今回は40坪4LDK の間取りを家相診断していきます.

玄関の方は南東に位置しているので鬼門の北東方位や
裏鬼門の南西方位を避けてありますので問題ないようになっています.

入り口から入って北東の方にトイレと洗面がありますけれども
特にトイレの方が北東の鬼門に位置してるので
南東のシューズクローク側に移動してあげると鬼門の北東を
避けられて悪い方角からトイレを移動して避けることができるでしょう。

2階の方のトイレも北東の裏鬼門に配置されているので
これも北西の方のクロゼットのある位置に移動して
洋室を吹き抜けの方に90センチほど移動してずらしてあげれば
2階も長方形の形になるので形的にも安定して
張り欠けもなくなり、家相も良くなる間取りになっていくでしょう。

玄関の欠けが気になっていますが袖壁があるのでそちらの方まで
シューズクロークを飛び出していく形にしてあげれば
欠けにならないのでさらに家相上も安定して
さらに構造上も安定していく形になってくると思います。

キッチンや洗面やお風呂などは今は衛生的にも良いので
家相的にこの辺まで鬼門や裏鬼門などの方位にこだわらなくても
自由に配置してもらって良いでしょう。

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

最近の投稿

アーカイブ