平屋 間取り 家相

平屋 間取り 家相

今回の家相診断は平屋の間取りの家相です
玄関ホールが北東の鬼門にあるので
家相的には良くないとされている位置です。

でも間取り的には洋室が南窓になっているので
日当たりの良い部屋ができているので良いプランです。

家相を気にすることで何が起きるかというわかりやすい例です。

改善策として南に窓を取らずに東窓にして
玄関を南東に入れ替えるということができます。

それはあくまでも家相的な改善策です。

それによって日当たりの良い部屋が
パワーダウンしてしまうというデメリットが生じます。

家相を気にする人の多くは商売を営む人や
過去に火災にあったり災難にあったり
不幸にあったためにそれを避けたいと願う場合です。

日当たりよりもそちらのほうが優先するのであれば玄関を入れ替える。
そうでもないのなら入れ替えないほうが日当たりの良い間取りです。

家相診断して間取りを作り変えるというのは
優先順位が日当たりや動線計画よりもそれにまさるということです。

カテゴリー: 家相診断,平屋 間取り 家相 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村