家相 欠け 対処

家相 欠け

今回の家相診断は欠けのある間取りです。
一般的に良く見られる間取りのタイプで
間取り自体は使いやすく全く問題のないように見られます。

1階の玄関もトイレも鬼門を外した位置にありますし、
2階のトイレも少しずらせば鬼門を避けられそうな方位です。
排水の関係もあるのでなくしてしまうという手もひとつです。

問題になってくるのは鬼門の北東方向の欠けです。
一見玄関の張り出しのように見えますが北東の欠けにみれます。

鬼門の欠け良くない家相と言われるので
対策としては、この間取りであれば、キッチンの脇にパントリー収納か
家事室のようなものを設けて北側をまっすぐに欠けのない間取に変えます。

南側の張り出しが気になるようであれば
和室の方向を変えてリビングと一直線にして
正方形の間取りに変えていくという方法もあるでしょう。

カテゴリー: 家相診断,欠け | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ