間取りの家相診断、 トイレの位置

間取り 35坪 5LDK 南玄関

今回の家相診断は35坪5LDKの書斎のある間取り

南東の玄関の方位は南西の裏鬼門の位置を外してあるので
問題のない配置計画になっています。

トイレの方位が北東の鬼門の方位になっているので
和室のスペースと洗面浴室トイレのエリアを
入れ替えることで鬼門をはずした間取りに変えられます。

トイレの位置は北東の鬼門と南西の裏鬼門を外すのがベストです。

二階のトイレは鬼門にあるのではありませんが
水回りの上の階にまとめたほうが排水計画はロスがないでしょう。

家の形はほぼ総二階なので構造的にも安定
寝室を拡大するか袖壁をつければ
張り欠けのない間取で屋根もシンプルになるので
雨漏りなどのリスクのない家になります。

間取り的には対面キッチンでダイニングリビングが一望できる
家族ともコミュニケーションの取りやすい間取り

キッチンからの家事動線も洗面室に行きやすい位置で良いです。
寝室が南にあるのでバルコニーテラスに子供室を通らなくてもよいですから、
将来的に不要なトラブルも避けられるでしょう。

書斎があるというのもよくて、
家族の家計を担う主人の部屋につかうことで
より家の安定と繁栄を維持できる3畳になるでしょう。

カテゴリー: 家相 トイレ,家相診断,間取り シュミレーション | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村