37坪4LDK西玄関の間取りの家相診断

間取り 37坪 4LDK 西玄関

今回の家相診断は西道路37坪4LDKの間取りです。

玄関は裏鬼門の南西方向にあるので
北西方向に入れ替えて和室を南のほうに移動します。

そのとき、玄関ポーチのあった欠けの部分をなしして
長方形のととのった間取りにしていきます。

長方形や正方形の間取りにすることで
構造的にも安定感のある間取りになります。

また欠けのある間取りは屋根にも谷ができるので
雨漏りのリスクや吹き溜まりなども招きやすくなります。

屋根の形状をシンプルにしていく意味で
欠けのない間取に修正していくようにしましょう。

トイレは北西にあって北東の鬼門を外した位置になるので
問題のない配置計画になっています。

鬼門の北東と裏鬼門の南西の玄関とトイレを避ける
変更案にしましたが使い勝手も悪くならないことと
和室も南窓がある状態なので間取り上
家相を気にしたことでおこる変更のデメリットもないでしょう。

カテゴリー: 家相 方位,家相診断 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ