33坪4LDK、北玄関の間取りの家相診断

今回の家相診断は33坪4LDKの北玄関の間取りです。

玄関は北西の方位にあり、北東の鬼門を避けているので
玄関の方位としては問題ない方位になっています。

1階のトイレの方位お北西にあり、北東の鬼門を避けているので
これも全く問題のない位置にあります。

玄関からもトイレのドアが見えにくい配置なのもよいでしょう。

2階のトイレはやや北東にかかりそうな位置なので
南にずらしてあげるか、北西に移動するかして
鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けていきます。

階段はキッチンから上の階に上りやすく
リビング階段としての配置も便利でよいのですが

窓のとれる外周側のほうが階段が明るい間取になります。
和室に窓が欲しい場合は今のままでよいでしょう。

玄関は若干欠けているのでポーチに袖壁をつけるか
玄関を拡大して、正方形の間取りにします。

二階は部屋を拡大すると総二階になって
構造的にも安定した間取りになるでしょう。

張り欠けのない間取は、屋根もシンプルになって
雨漏りの危険性もなくなっていくメリットがあります。

カテゴリー: 家相診断,玄関 家相,間取り シュミレーション | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村