家相 間取り 欠け

今回の家相診断は33坪4LDKの二階建ての間取り
北道路の北西玄関の間取りです。

北西玄関ということで、
北東の鬼門を避けた位置に玄関が配置されているので
方位的にはこの場所がベストで変える必要はないでしょう。

玄関部分がすこしへこんでいて欠けになっているので
袖壁を作るか玄関土間を増やすかして
正方形の間取りになるように修正します。

もう一つ気になるトイレの方角ですが
最悪の位置とは言えませんが玄関わきのほうがベスト
和室畳に変更するなどすれば
玄関のよきに移動することが可能です。

それか玄関も大きくしたことですし
北西の廊下の一部に移動してあげることで
北東の鬼門を避ける位置になるのでベストでしょう。

方位的に良い位置に玄関もトイレもとなると
場所の取り合いになってしまいます。

現実問題として同じ方位に洗面とバスを配置することは
スペース的にほぼ不可能なので
トイレと玄関の位置だけ家相を考慮するくらいで
割り切っていくことも必要でしょう。

カテゴリー: 家相診断,欠け | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村