35坪4LDK平屋の間取りの家相診断

今回の家相診断は35坪4LDKの平屋の間取りの家相診断です。

玄関とトイレの方向は北東の鬼門を避けているので良いでしょう。

玄関がくぼんでいるので欠けの内容に平らに長方形の間取りにすることで
構造力学的に安定感を持たせます。

屋根の形状もシンプルになり、雨漏りのリスク
吹き溜まりがなくなることで壁からの水の浸入も避けられるでしょう。

仏間床の間の方向も南向きで問題ないでしょう。

家事動線もキッチンと洗面脱衣室、お風呂も近く
間取りとして使いやすい間取りになっています。

各寝室、個室は東窓で朝日を浴びられる配置
欲を言えばドアから遠い位置にベッドが置けるように
クロゼットの位置を入り口付近に移動して
部屋の奥にベッドを配置して安眠できるようにします。

個室でよく眠れるというのは運気アップと言われますが
睡眠不足にならずに仕事ができることから
しっかりとした理由があるのです。

家相とは迷信ではでなく裏付けのあることなのです。

体調管理がしっかりできることで、
健康面での悪いことがおこりにくくなることから、
良い位置にベッドを配置できる間取りを心がけましょう。

部屋の入口にベッドを配置すると
ドアを開けられるとすぐベッドという配置になり
落ち着かない部屋になってしまいます。

クロゼットの位置はベッドのおく位置に配慮しましょう。

カテゴリー: 家相とは,家相学 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村