戸建て住宅の家相診断

今回の家相診断は4LDKの戸建て住宅の間取りです。

駐車場を確保するために北東に欠けができています。

鬼門の欠けは良くないとされているので
物入れを拡大して長方形の間取りに修正します。

駐車場は横向きに駐車して確保します。

玄関の位置は鬼門の北東を避けているのでOK

1階のトイレは鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けているので
問題ないとしておきましょう。

二階のトイレは北西の方位で配置は良好です。

二階も北東が欠けているので納戸やクロゼットを拡大
長方形の間取りに変えましょう。

欠けがなくなることで吹き溜まりがなくなるので
壁からの漏水やコケが生えるなどのリスクを回避します。

欠けをなくすることで屋根形状がシンプルになり、
雨漏りのリスクも大きく軽減できるでしょう。

カテゴリー: 家相 トイレ,家相 欠け,家相診断 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村