鬼門にトイレのある間取りの家相診断

今回の家相診断は36坪4LDKの間取り

1階は北東の鬼門の位置にトイレがあるので
南東に移動して鬼門を外していきましょう。

鬼門のトイレは冬に冷え込むので心臓への負担が大きいため
高齢者の家では避けたい方位です。

もしもこの方位にトイレがある場合は
断熱性能をアップしておくことやトイレ本体の性能アップ
暖房機能の設置などで対応します。

玄関もやや北東の方位に近いので南東に移動して
和室と入れ替えることで鬼門を避けていきます。

洗面は出入りができなくなるので
キッチン側からの出入りに入り口を変更します。

二階は特に問題なくトイレも北西の良い位置です。
階段も窓から光が入る位置で暗くなりません。

家の形状も張りや欠けのない長方形ですので
屋根形状もシンプルでゲリラ豪雨への強さも
発揮できる雨漏りリスクの少ない形になるでしょう。

また、構造的にも安定した形状になるので
地震にも耐久性の良い形状になります。

カテゴリー: 家相,家相診断,鬼門 トイレ,鬼門 玄関 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村