40坪5LDKの間取りの家相診断

今回の家相診断は40坪5ldkの間取りです。

玄関ホールの位置が裏鬼門の南西に位置しているので
南東の玄関に移動します。

トイレの位置は鬼門の北西を外していますので
問題のない間取といえますが、
トイレと浴室、洗面脱衣室の出っ張りが
張り欠けをつくってくぼみを作っているので
張り欠けのない家相に変えていきます。

張り欠けがあると屋根形状が複雑化して
雨漏りの原因を作り出してしまいます。

壁の入り隅も湿気のたまるエリアを作り出すので、
壁の傷みの早い部分、
コケが生えたりする場所になる可能性があります。

キッチンは東側にあるのが良いので和室と入れ替える
必要はないですが、洗面脱衣室と近づけたい場合は移動します。
このままでも問題はありません。

キッチンを鬼門の北東を避けるのは
間取りが成り立たなくなることも多く、
明るい南をリビングにすると、
北側に対面式キッチンが来るのが多くなります。

北側は気温が下がるのがデメリットなので
床暖房なので対応するのが良いでしょう。

カテゴリー: 家相,家相 間取り 診断,家相診断 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村