家相診断、二階の張り欠けは気にしたほうが良いか?

今回の家相診断は38坪5LDKの北玄関の間取りです。

玄関は北西に配置され、北東の鬼門を外しているのでOK
トイレは鬼門にはなっていませんがキッチンから離します。

玄関部分が欠けているので得gん館を拡大して
長方形の間取りにしていきます。

和室は東窓を取って快適二したいので
洗面脱衣室と浴室と入れ替えて東側に移動します。

二階の間取りは欠けがあるので書斎を拡大。
二階の間取りは家相診断が必要かと聞かれますが
現代の家相診断では二階の形状が重要になります。

というのはゲリラ豪雨などの集中豪雨打や
台風などの突風を伴った風が吹き付けるのが、
過去の雨量よりも集中していると報告されているからです。

張り欠けの多い家は屋根形状も複雑になり
壁にくぼみができるため雨風を受け止めてしまいます。

複雑な屋根形状は屋根からの雨漏りを誘発し、
でこぼこの多い外壁は外壁からの老すりのリスクを高めます。

二階の張り欠けも現代の家相診断では重要です。

できるだけシンプルな形状にしながら
雨に強い外壁や耐久性の高い屋根を選んで備えましょう。

カテゴリー: 家相診断,家相診断 無料,間取り 家相 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村