間取りの家相診断

今回の家相診断は39坪4LDKの東道路の間取りです。

家全体のバランスはほぼ総2階で安定しており
1階の南東方位に張り出しがあります。

この小さな張り出しは構造的にも影響がなく
家は安定した強さを保てます。

コスト的にも複雑になることはないでしょう。

屋根形状もシンプルに張り出し部分が下屋になるので
雨漏りなどのリスクの少ない張り出しになります。

トイレの方位は鬼門の北東と裏鬼門の南西を避けているので
冬の冷え込みの厳しい北東も、厚さの厳しい南西も避けています。

2階のトイレは方位的に鬼門にかかっているわけではありませんが、
寝室の横で音の問題が気になるようなら
寝室と離した北西方位への移動をおすすめします。

収納をはさむなど隣接しないことで快適性能がアップします。

玄関の位置は南東にいちしており
東道路としてはこの位置か南から入れるのがベスト
問題のない配置計画になっています。

家相とは関係ありませんが寝室を南ベランダに接して
南西の洋室6畳と入れ替えるかもしくは、
部屋を通らずベランダにいけるような廊下を作ることで
洗濯物を干しやすい間取りになるでしょう。

カテゴリー: 家相,家相診断,鬼門 玄関 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村