平屋の間取りの家相診断

今回の家相診断は28坪の平屋の間取りです。

長方形の形の整然とした間取りになるので
張りも欠けもなく構造的にも安定した形状です。

張りも欠けもない平屋は屋根もシンプルに納まり
雨漏りのリスクもなくなるのと
屋根形状がとても美しくなるので
デザイン性もよくなって資産価値もアップします。

玄関は北西にあり北東の鬼門方位を避けているので
家相的には問題のない位置です。

トイレの位置も北西にあるので鬼門を避けています。

お風呂の位置まで鬼門を避けるのは
間取り上困難なのでそこまで不浄ではないお風呂は
たいてい北東を避けるところまではできないです。

今回の場合はファミリークロゼットと入れ替えて
北東のお風呂を移動します。

理由としては部屋に接して水回りを設けると
音の問題がある可能性を残すからです。

入れ替えて残ったところをパントリー収納にすることで
使い勝手も向上させることが出来ます。

今回の間取は変えるところはありませんが
あえてお風呂の位置を変えて使い勝手を向上させるのを
狙ってみました。

平屋の間取りは上の階もないことから
構造的にも強く有利になります。

正方形や長方形のシンプルな形状にすることで
安定した構造的な強さを得ることもできます。

カテゴリー: 家相 間取り,家相診断,間取り シュミレーション | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村