平屋の住宅の間取りを家相診断しました

今回の家相診断は平屋の間取り図です。

南道路の想定で玄関は南東にあります。

家相的には鬼門の北東を避けてあり、
さらに南西の裏鬼門を避けているので
ベストな位置だといえます。

お風呂や洗面やトイレも鬼門の北東を避けてあり、
南西の裏鬼門を避けているので良い家相です。

トイレと洗面は鬼門にはありませんが
真北というのが冷えそうで気になるようであれば
北西方位に洗面とトイレを移動して
納戸スペースと入れ替える方法もあるでしょう。

間取りは張りや欠けもなく美しいい正方形です。

構造的にも安定する形で
平屋であるのでさらに耐震性能の良い家になるでしょう。

平屋は2階の重量がかからないので
耐震的には有利な間取りになります。

屋根形状もシンプルで美しい外観になります。

シンプルな間取りはシンプルな屋根形状になるので
雨漏りのリスクのない屋根になるでしょう。

張り欠けのない家はトラブルも少なくなるのです。

カテゴリー: 家相,家相 間取り,家相診断 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村