35坪3LDKの平屋の間取りの家相診断

今回の家相診断は35坪3LDKの平屋の間取りになります。

建物の形状はほぼ正方形に近い長方形で張りや欠けなどが全くない
シンプルな形状になっています。

そのことから屋根形状もシンプルになります。

そのため集中豪雨や台風などの影響を受けにくく
災害に強い間取りをつくることができます。

玄関ホールは鬼門の北東の方位や裏鬼門の南西の方位を避けてあります。

夏の時期に温度が上昇して不快になってしまうような南西の方位や
冬に冷えてしまう北東の方位、北風の吹き付ける北東の方位を避けてあります。

トイレや洗面やお風呂などの水まわりも北東の方位を避けてあります。
急激な冷え込みによってトイレで服を脱いだ時、
脱衣室で服を脱いだ時に体調に異変を感じたりするということも避けられます。

また玄関と同様に南西の裏鬼門の方位を避けてあるので
家相風水上は全く問題のない間取りになっていると言えます。

家の形状が張りや欠けがないことによって屋根の形状がシンプルになるとともに
歪な形状によって耐震的に弱くなるということもありませんから
地震の災害にも強い間取りになっているといえます。

まだ平屋の間取りですので2階に重量をのせて地震を受けるって事がありませんので
耐震的にも2階建て3階建てよりも有利になるという間取りになっています。

鬼門や裏鬼門などの方位に玄関トイレなどが無く、
張り欠けのない形状によって安定した家の形を保っているので
家相診断的には問題のない平屋の間取りになります。

カテゴリー: 家相学,家相診断,家相診断 無料 | Tags: , ,

家の中心の求め方

家の形を地応報刑に分割します。
今回は二通りに分割

四角の中心を直線で結びます。
2パターンの2つの図形の中心を結んだ線が交差します。

方位盤などを使うときの家の中心は
家の中心、図形の中心を結んでそれが交差した点になります。

家相診断の上へ

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村